千秋楽

舞台.jpg

カスタムプロジェクト第3回公演「吹雪の山荘にて」は稽古開始から半年以上の時を経て、2016年5月5日の公演を持って無事終わることが出来ました。

御来場してくださった皆様、本当の本当にありがとうございました!
楽しんでいただけましたでしょうか。
少しでも楽しんでいただけたのであれば、メンバー、スタッフ一同とてもうれしく思います。

5回目の公演までに御観劇された方にお願いした、「ネタばれ禁止」というこちらの身勝手なお願いを守ってくださった皆様には本当に感謝しております。
ありがとうございます。

千秋楽の最後の挨拶でもお伝えしましたが、この演目の再演はありませんので、ネタばれはOKです。
どんどん真相についてあーだこーだネットや友達や仲間同士で語り合ってください。
もしツイッターをやっていらっしゃるのであれば、ハッシュタグ「#カスタムミステリ」や「#吹雪の山荘にて」などと付けて呟いていただけると、メンバーの誰かがエゴサして読みにいくと思います。


…ところで、一部千秋楽が終わるまでに、標語まで作ってお願いした「ネタばれ禁止」のお願いを聞き入れてくださらなかった方がいたとの情報がありましたが、そんな人は誰かによって呪われたと思いますので、身の回りには十分に御注意ください(笑)
どこまでがネタばれになるのですか?と聞かれそうなので先回りして答えさせていただきますと、それを読んだり聞いたりしただけで物語の真相への近道になる言葉や文章でしょうね。はい。


ちなみのあの標語は私の自作です。
使いたい方がいたらどんどん使ってください。
「ネタばれは しない、させない 終わるまで」 
いい標語だと思うんだけどなぁ。メンバーには不評でした。


そして、今後についての話題もちらっと書いておきます。

まず、このカスタムプロジェクトは劇団ではなく、演劇ユニットです。
ですので、この千秋楽を持って解散となります。
唯一の固定メンバーである東さん以外はまたそれぞれのところに帰っていきました。
私も帰りました。同じような名前のラジオ番組にですが(笑)
少し寂しいですが、そういうものなので、仕方ありませんね。

次の公演は今のところ未定ですが、皆様の熱い御要望があって、東さんがその気になれば実現するかもしれません。
今回の舞台の感想含めカスタムプロジェクトへの熱い思いがある方は
カスタム・ラジオ・プロジェクトメールフォーム
こちらからお願いします。
正直なところ、カスタムプロジェクトは東さん次第なんで…


さて、長々とした駄文をつらつらと書いてきました、このブログもこれで一旦終了となります。
他のメンバーにも書いてもらう予定だったのに、結局ほぼ私だけしか書き込まれなくてすみません。
私が言い出したブログだったので、誰も話を聞いてくれませんでした。
メンバー間の力関係が垣間見えたことと思います(笑)

次に書くのは、少々あまってしまった有料パンフの通販の準備が出来たときでしょうか。
…今の製作陣の流れを見ているとそんな時が永遠に来ないかもしれませんのであまり期待しないでお待ちください。


それでは、ここまでお付き合いくださいまして、ありがとうございました!
運がよければまたお会いしましょう。
それじゃーねー!

浦島雅海

終了後.jpg

この記事へのコメント